発毛剤、育毛剤等に関する記事、ニュース、コラム等

円形脱毛症とは?

投稿日:

円形脱毛症

円形脱毛症とは、十円玉大の脱毛が突然起きる病気とされています。円形脱毛症の主な治療は、ステロイドによる 対症療法になりますが、その原因はよくわかっていません。最近のニュースでは、芸能人の辻希美やGACKET、ダレノガレ明美も経験したことがあるようです。私の知人では、仕事のストレスで突然10円玉大のハゲができたという人がいました。

円形脱毛症の原因

では、その円形脱毛症の原因ですが、様々な説があるようです。ただ、近年では、髪の毛の毛根組織に対して免疫機能の異常が発生する「自己免疫疾患」を原因とする説が有力だそうですが、その自己免疫疾患のほかに、アトピー素因、精神的ストレス、遺伝的要素、出産後の女性ホルモンの変化などがあります。

自己免疫疾患

まず、自己免疫疾患ですが、疲労や感染症などの肉体的・精神的なストレスや体質的な素因が引き金となり、外部からの侵入物を攻撃することで私たちの体を守ってくれている免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気となります。そのようになってしまうと、円形脱毛症の場合、Tリンパ球が毛根を異物と間違えて攻撃してしまうために発症すると考えられており、その激しい攻撃により毛根が傷んで、元気な髪の毛でさえ突然抜け落ちてしまいます。しかし、この原因は、未だかって解明されていません。また円形脱毛症は、橋本病に代表される甲状腺疾患、尋常性白斑、SLE、関節リウマチ、あるいは重症筋無力症などの各種自己免疫疾患と併発する場合があることも特徴となっています。

アトピー素因

アトピー素因とは、アトピー性疾患(アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー性鼻炎のいずれか)を持っている人のことを言いますが、円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つと言われており、半数以上が本人もしくは家族にアトピー素因が認められるなど、深い関連があるとされています。

精神的ストレス

精神的なストレスが強すぎたり長く続いたりすると、交感神経に異常をきたしてきます。その結果、血管を収縮させ、頭部への血流が悪くなり、毛根への栄養補給が行き届かなくなって脱毛が引き起こされると言われています。

遺伝的要素

ある調査によると、円形脱毛症患者の約8.4%に、同じ病気を抱えている家族がいると報告されています。

出産後の女性ホルモン値の変化

妊娠から出産後における女性ホルモンの減少ですが、妊娠中、体内の女性ホルモン値は通常の100倍以上に増加しています。それが、出産すると一気に通常値に戻ります。一方、女性ホルモンには発毛促進の作用があり、逆に減少すると抜け毛につながることから、毛周期との関係で産後3~4ヶ月後に抜け毛が多くなります。このときに、人によっては、円形脱毛症になることがあります。

円形脱毛症 治療、治し方

円形脱毛症は、根治に至る治療法はまだ確立されていませんが、主な治療法として、ステロイド局所注射、局所免疫療法、内服薬、外用薬の使用などがあります。

ステロイド局所注射

ステロイド局所注射は、炎症や免疫機能を抑える効果のあるステロイドを、脱毛斑に注射で注入する治療法になります。このステロイド局所注射は、高い水準の発毛効果がある反面、ステロイドの副作用があり、子どもに対しては行いません。また、注射時に強い痛みを伴うことと、副作用として注射部位が陥没する場合があります。

局所免疫療法

局所免疫療法は、人工的にかぶれを起こす化学試薬、スクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)か、ジフェニルシクロプロペノン(DPCP)を使って、かぶれを起こさせることにより発毛を促す治療方法です。
この局所免疫療法は、比較的広範囲に脱毛している患者に対して行われますし、子どもにも使用できます。約9割もの人に発毛効果があると言われていますが、かぶれやじんま疹、リンパ節腫脹などの副作用を生じることがあり、加えてアトピー性皮膚炎、湿疹、じんま疹がある人は、一時的に症状が悪化する事があるので注意が必要となっています。治療期間は半年から1年以上となりますが、保険が使えないため、自費診療となります。

内服薬、外用薬の使用

つぎのような、内服薬、外用薬が、円形脱毛症の治療に使用される場合があり、効能が確認されています。

内服薬

  • ステロイド内服
  • 抗アレルギー薬(第2世代抗ヒスタミン剤)
  • セファランチン
  • グリチルリチン、メチオニン、グリシン複合剤

外用薬

  • ステロイド外用
  • 塩化カルプロニウム外用
  • ミノキシジル外用

円形脱毛症の病院

円形脱毛症の治療に関しては、皮膚科医の医学会「日本皮膚科学会」が科学的に検証した診療ガイドラインが作られており、科学的根拠が不確かな治療法を自己流で行う前に、一度皮膚科医に相談するのがおすすめです。なお、この診療ガイドラインでは、15歳以下を「小児」としていますが、15歳以下の小児は小児科、15歳以上は皮膚科、などのように年齢によって受診する診療科を定めてはいません。かかりつけの小児科医がいる場合は、まず主治医に相談するのがいいと思われ、その後の治療の結果次第で、皮膚科も検討していけばいいと思います。

円形脱毛症のまとめ

このように、円形脱毛症については、原因がわかっておらず、また、その治療方法もいろいろとあり、科学的根拠が不確かな治療法や発毛剤、育毛剤等の対応を自己流で行う前に、一度皮膚科医に相談するのが最善の策となります。

-発毛剤、育毛剤等に関する記事、ニュース、コラム等
-

Copyright© 【写真で見る】本当に効果のある発毛剤+育毛剤等の効果ランキング! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.