最強の育毛剤ローション「チャップアップ(CHAPUP)」

厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ」

更新日:

厚生労働省 育毛剤

厚生労働省が認めた育毛剤とは、どれなのか?

厚生労働省が医薬品として認めた発毛剤、育毛剤としては、「プロペシア」(成分名:フィナステリド)、「ミノキシジル」がありますが、これらは、副作用があるため、他の育毛剤との併用や高齢(65歳以上)の人、高血圧、低血圧の人、心臓、腎臓、肝臓に障害がある人などは注意が必要です。

その点、医薬部外品として、厚生労働省が認めている医薬部外品には、「チャップアップ」、「プランテル」、「ブブカ」、「M-1」、「ポリピュア」などがあります。これは、医薬品として認められるには、膨大な実験データ、臨床データが必要になりますが、そうなると長い期間が必要になり、時間的なロスになるなどのことから医薬部外品とということで、認可申請しているという面もあるようです。さらには、「化粧品」ということでさらに認可申請のハードルを軽くして、ユーザに早く効果のある発毛剤、育毛剤を届けようとしているメーカーもありますので、「医薬部外品」や「化粧品」という区分には、あまり厳格に見る必要はないと思います。もしも、厳格に見るのならば、その製品に含まれている成分に注目するといいでしょう。

なお、効果があると言われている成分には、次のようなものがあります。

  • オウゴンエキス
  • センブリエキス
  • エビネランエキス
  • M-034(昆布から抽出したエキス)

また、昨今は、新しい成分がたくさん開発されており、その有効な成分をより早く製品化して、希望する人に提供するため、あえて医薬品ではなく、医薬部外品や化粧品として登録することを選択するメーカーは、現在たくさんあります。さらに、それに、医薬部外品や化粧品は、インターネットで販売できるので、医薬品は、インターネットで販売できないことよりも、上回るメリットがあるからです。

では、先ほどの医薬部外品の発毛剤の中でどれがいいのかという点ですが、「チャップアップ(CHAPUP)」が一番いいと思います。このチャップアップは、元々は、従来、専用サロン等でしか購入できない育毛剤だったのですが、一般販売を求める声により、一般販売を開始したという育毛剤です。そして、他の育毛剤などの従来とは異なる画期的なアプローチをとって開発されました。それは、有効成分の「センブリエキス」、「グリチルリチン酸」、「ジフェンヒドラミン」や無添加無香料などの組み合わせにより、栄養補給や血行促進を図るといった毛包の周辺環境を改善するだけでなく、毛包に直接働きかける開発に成功したということです。その他にも、日本臨床医学発毛協会の松山淳会長よりお墨付をもらい、YAHOOショッピングにおいては、2015年度男性育毛剤人気ランキング第1位となるなど、一般販売開始半年で記録的な販売数を誇っています。返金保証付きです。

最後に、参考までに、海外で医薬品と同等効果で認められている成分をご紹介します。

海外で医薬品と同等効果で認められている成分

  • キャピキシル
  • LUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発された化粧品原料。『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド』を含む複数の成分によって構成されている。イソフラボン類が豊富に含まれており、育毛医薬品の3倍の有効成分があると言われている。

  • ピディオキシジル
  • 科学専門研究誌フレグランスジャーナル誌にも特集として収載された有名成分に近似した構造をもつと言われている。

  • ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体)
  • ミノキシジルに近似する成分で、画期的な点は副作用がなく効果の点でも高いと考えられている。誘導体とは、分子配列の一部を別の分子などに置換させたもの。

-最強の育毛剤ローション「チャップアップ(CHAPUP)」
-

Copyright© 【写真で見る】発毛剤、育毛剤等の効果ランキング! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.