発毛剤、育毛剤等に関する基礎知識、Q&A等

発毛剤、育毛剤等の副作用とは?

更新日:

発毛剤 育毛剤 副作用

発毛剤、育毛剤等の副作用とは何なの?

まず、発毛剤の副作用ですが、医薬品として、現在発毛剤として利用されているものには、「ミノキシジル」があります。ミノキシジルは、元々、高血圧の治療薬でしたが、発毛の効果が認められ、海外ではロゲインという名称で売られ、日本では、リアップとして大正製薬から販売されています。また、ミノキシジルと併用すると、その効果が一層見込めると言われる、脱毛抑制薬である「プロペシア(主成分:フィナステリド)」は、元々、前立腺肥大の治療薬でしたが、脱毛抑制の効果が認められ、脱毛抑制剤として利用されました。

ちなみに、基本的に、ミノキシジルは外用薬、プロペシアは服用薬で、ミノキシジルの内服薬(名称をロニテンと言います。このジェネリック医薬品は、通称ミノキシジルタブレットと呼ばれています。)を承認している国は今の所ありません。しかし、日本国内においては、厚生労働省の承認を問わず、医師は自らの責任において薬剤を使用することが可能となっています。ただし、以下のような一定の条件を満たさなければなりません。しかし、その薬の使用によっては、健康に害を及ぼす可能性もありその際、医師の違法性を問われる場合もあります。

以下、一定の条件

  • 目的:治療、治験という正当な理由がある
  • 方法:治療方法において医学的な根拠、効果を期待しうる相当な理由がある
  • 同意:患者の同意がある(インフォームドコンセント)

ここで、ミノキシジル、プロペシアには、次のような副作用があります。

ミノキシジルの副作用

  • 低血圧
  • 多毛症
  • ニキビ・肌荒れ
  • 性的不能・性欲減退
  • 局所発熱

プロペシアの副作用

  • 精力低下
  • 肝機能障害
  • 不妊
  • 女性化
  • 癌(がん)
  • うつ
  • 肥満
  • 奇形児
  • 上記において、プロペシアの精力低下は、具体的には、「ED」(インポテンツ)のことを指します。

    なお、プロペシアは、特に女性の方には、注意が必要です。もしも、女性が妊娠していた場合には、奇形児といった、胎児に大変重要な影響が出ると言われています。そして、このプロペシアは皮膚に付着した場合でも体内に摂取されることから、女性は一切プロペシアには触れないといった、取り扱いには最大限の注意が必要になります。

    また、アレルギー体質の方や高齢者(65歳以上)、高血圧、低血圧の方、人口透析を受けている方、心臓、腎臓、肝臓に障害がある方は、使用できません。

    最後に、副作用なしの発毛剤、育毛剤等をご紹介したいと思います。

    なお、こちらは、当サイトで作成した、厳選の男性向けの、女性向けの発毛剤、育毛剤等のおすすめランキングになります。ご希望の商品があれば、参考にクリックして御覧ください。

    当サイト厳選の男性向けの、女性向けの発毛剤、育毛剤等のおすすめランキング

    男性向け発毛剤、育毛剤等おすすめランキング 女性向け発毛剤、育毛剤等おすすめランキング

    -発毛剤、育毛剤等に関する基礎知識、Q&A等
    -

    Copyright© 【写真で見る】発毛剤、育毛剤等の効果ランキング! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.