スカルプケアに大革命を起こすと言われる、スカルプエッセンスの「Deeper 3D」とはどんなものなのか?

Deeper 3Dがすごい理由

 

Deeper 3Dの写真

 

2014年3月に、この「モンゴ流スカルプエッセンスDeeper 3D」という商品は販売開始されました。

 

そのコンセプトは、抜け毛、薄毛を改善するだけでなく、太くて強い髪を生やしたいとうコンセプトから始まりましたが、最大の特徴は、育毛に「毛髪再生医療」という概念を導入したことです。一般的に、再生医療とは、事故や病気によって、失われた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を目的とする医療ですが、この再生医療では、「成長因子」という成分が積極的に活用されています。

 

例えば、国内で、「ハーグ法」と呼ばれる毛髪再生医療がありますが、これは、ダーマーローラーという小さい針がついた、プラスチック製のローラーで頭皮に穴を開けて、成長因子の成分を頭皮の内部に浸透させることで、毛髪を構成する各細胞、特に、毛母細胞の力を強化し、発毛率が95%という実績を残しています。

 

「ハーグ法」と呼ばれる毛髪再生医療で活用されている成長因子を積極的に取り入れたのがこの「Deeper 3D」です。だから、まさに、このDeeper 3Dは、「通院せずに家庭でできる、医療クラスの育毛」と言えるでしょう。

 

主な口コミ・評判

 

  • 少しずつですが額に細かい毛が生えてきています。数か月後が楽しみです。
  • 毎晩鏡を見ながら抜け毛が減った髪が生えたと喜んでいます。この調子で増えていってくれるように期待してリピート購入確定です。この製品はすごくおすすめです。
  • 生えることは生えます。目で見えるため家内も確認しているので間違いありません。結構な量が生えてきています。しかし、なぜか太く長く育つものが少ないです。ただし、使うことで薄毛が目立たなくなることと、抜毛に対してかなり強い抑止力はあると思います。
  • 使っていて産毛が生えてきたことは確かに確認でき、薄く地肌まで透けて見えていたのが見えにくくなってきたのは実感していますが、太く長くは育ちませんでした。ところがダーマローラを知り、Deeper3Dと併用をしてみたところ産毛も太く長く育ち始めました。私の場合は本当にラッキーでした。
  • あれほどあった抜け毛が減って、ツルツルだった部分に産毛が生えているのが見て取れるようになってきました!また、小さじ1杯程度は出ていそうだった額の皮脂が著しく無くなり、頭皮の肌質・体質が改善してきているのだと思います!
  • 産毛が相当数生えてきていることをハッキリと確認することができますが何より抜け毛が完全に収まったことに驚いています。マンガのようにボーボーフサフサとは言えませんが抜け毛が完全に抑制されている事と新毛の発育が見て取れます。10本くらい使っていますが6年か、7年?7年か、8年?くらい前の自分に戻ったかなぁと感じています。このまま使い続けることでかなり進行が抑制されることは間違いないと自分で感じています。
  • 確かにこれは生えてきます! 地肌も透けなくなるし、生え際も既存の成長途中にある髪も太くなる。しかし新毛に関しては産毛から成長期に入った段階で伸びてこない。それが私の感じた効果。しかし、今までいろいろ試してきたがここまでハッキリとした結果に結びつく事は今までなかったのでビックリしています。
  • もともと産毛はありましたが成長しませんでした。Deeper3Dを使うことによって産毛が倍増しました。ところが使用前からあった産毛同様、顔に生えている毛のように1cmくらいの短い段階で成長が止まってしまいます。だけど使い続けていたら、その中の10%位が2.5cm~3cm位まで伸びてきてビックリしています。これには大変感動しているが、メーカーさん、もうちょい何とかなりませんか?

 

特徴

 

Deeper 3Dの特徴

 

Deeper 3Dは、「今までの育毛剤が何だったのだろう」と思うほどの発毛・育毛剤です。その理由は、主に、8種類の成長因子やキャピシル、、モンゴロイド3大伝承成分の3点にあります。

 


 

成長因子について

 

まず、成長因子ですが、これは、正確に言うと、毛母細胞成長因子のことで、人や動物の体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の一種です。なお、成長因子は、グロースファクターと呼ばれることがあります。この成長因子は、毛根付近(毛乳頭)で生成されており、頭髪の成長期に関与して、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化する働きを持っています。

 

具体的には、以下の8種類の成長因子がDeeper 3Dに配合されています。特に、毛髪の形成に不調なケラチンの生成を促進するケタチノサイト増殖因子(KGF)と毛包内の細胞の細胞分裂を促進し、発毛を促すインスリン様成長因子(IGF)は重要です。

 

  • Keratinocyte growth factor (KGF)成長因子:ヒトオリゴペプチド-5(KGF/FGF-7)― 発毛促進因子 ―
  • Insulin-like growth factors (IGF)成長因子:合成遺伝子組換ヒトポリペプチド−31(IGF)― インスリン様成長因子 ―
  • Fibroblast growth factors-1(FGF-1)成長因子:ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)
  • Placenta成長因子:プラセンタエキス(馬プラセンタ)
  • Prohairinβ4成長因子
  • オクタペプチド-2 (プロヘアリンβ4)
  • Rejuline成長因子:アセチルデカペプチド-3(リジュリン)
  • Apus nest成長因子:加水分解アナツバメ巣エキス(燕の巣)(シアル酸)
  • Proteoglycan成長因子:水溶性プロテオグリカン

 

成長因子の成分の働きについて、もっと詳細を知りたい方はコチラ!

 

キャピシルについて

 

キャピシルとは、アセチルトラペプチド-3(※)という成長因子とイソフラボンの1種である「ビオカニンA」という植物エキスをミックスした原料です。アセチルトラペプチド-3という成分は、細胞の修復作用があり、毛包の構造維持に働きかけます。また、ビオカニンAは、男性脱毛症の原因である5αリダクターゼを強力に阻害する働きがあります。

 

この強力な2つの成分を合わせて出来たのがキャピシルであり、脱毛を抑えつつ、育毛環境を著しく向上させる作用があり、業界で最も話題になっている育毛成分です。そして、このDeeper3Dには、この貴重なキャピキシルを5%配合し、世界でもトップクラスの高い配合濃度を実現しており、あのミノキシジルの3倍の育毛効果を保有しています。

 

(※)アセチルデカペプチド-3(リジュリン)
頭皮に潜伏する事で血流量の増加につながり、毛細血管の増殖作用と毛細血管の分化促進作用をもたらす成長因子。その他に、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が生成され、頭皮の肌サイクルが整い、頭皮環境を健やかに導く。

 

モンゴロイド3大伝承成分、その他

その他にも、Deeper 3Dは、日本人と祖先は同じなのに、薄毛の人が少ない、モンゴル人やインディアンの研究から生まれた成分も配合しています。それが、イラクサ葉・根、ユッカ根、シーバックソーン(サジー)といったモンゴロイド3大伝承成分です。

 

モンゴロイド3大伝承成分について、もっと詳細を知りたい方はコチラ!

 

また、毛髪の生成に必要なリン・窒素・ケイ素など、ミネラル分が精製水と比べ、圧倒的に豊富な、日本国内最深の水深1,400mから 採取した貴重な海洋深層水を配合するなど、ありとあらゆることを考えて、作られている発毛・育毛剤です。

 

(※)イラクサは第二次世界大戦中、フランスの医師 Dr.ダニエル・ロシュによって植物から開発した火傷の治療薬に発毛効果があった事が報告されています。(イラクサを使っての火傷治療上で見られた結果を示す物でありモンゴ流シリーズの効果効能を保証するものではありません)

 

↓そのスカルプケアに大革命を起こすと言われる、スカルプエッセンスの「Deeper 3D」はコチラ!↓