成長因子(グロースファクター)を配合した発毛・育毛剤はどれなのか?

成長因子とは、毛髪の再生医療で使われているもので、直接、毛母細胞に働きかけて、発毛を促進させる成分のことです。これに対して、従来の育毛剤では、トウガラシチンキ、センブリエキス、ヒノキチオールなどで血行を促進し、頭皮にビタミンを与えるものであり、発毛・育毛に必要となる一要素を与えるのみです。また、一部の育毛剤には、成長因子の産生促進といって、成長因子を体内で作るように促すことを目的として、配合する成分を調整している製品がありますが、成長因子そのものを配合した製品は、今までありませんでした。

 

成長因子とは、髪の毛に直接働きかけるという点で、発毛、育毛をする観点から現在の毛髪再生の医療において、現在、非常に重要なものです。その成長因子をはじめて製品として配合して生まれたのが、「Deeper 3D」になります。しかも、最先端の盗撮の再生医療でしようされている成長因子と同品番の高品質な成長因子を配合しています。そのため、浸透性に優れ、作業が早いという特徴があります。また、天然植物成分などを合わせると、合計43種類の有用成分を配合していて、頭髪の成長に不可欠な血行促進成分や各種ビタミン等も配合していますので、一般の育毛剤の効果に付け加え、頭髪の細胞の活性化されるということが特徴です。

 

↓そのDeeper 3Dはコチラ!↓