喫煙をしていると育毛や髪の毛に問題があるのか?

喫煙でタバコを吸っていると、髪の毛に影響があるような気がしますが、本当のところは、どうなのでしょうかね?そこで、いろいろと調べてみました。こちらが、その回答になります。

 

喫煙が育毛、髪の毛に与える影響

喫煙をすると、ニコチンなどの作用により、毛細血管が萎縮します。すると、末梢の血流が悪くなるため、毛母細胞に栄養が行き渡らず、抜け毛や脱毛、発育不良になる可能性があるということです。その他にも、喫煙をすることにより、髪の毛に回るはずの、ビタミンやミネラルが浪費されてしまうという弊害も起こります。確かに、ストレス解消の一つとして、タバコを吸うことを挙げられる方は、いらっしゃいますが、身体的には、マイナスだと思われます。

 

さらに、このビタミンの点ですが、詳しく言うと、喫煙をすると、育毛や抜け毛対策に重要なシアノコバラミン(ビタミンB12)という栄養を破壊します。シアノコバラミン(ビタミンB12)は、ビタミンB群の中でも特に、不足しがちなものです。

 

しかし、長年の毎日の喫煙の生活習慣をやめることは、容易なことではないですよね。そこで、喫煙をしている人を考えた発毛・育毛剤をご紹介します。

 

こちらの「Deeper 3D」は、喫煙による脱毛リスクに対応するために、さきほどのシアノコバラミン(ビタミンB12)を配合しています。(シアノコバラミンは色が美しく、ミステリアスな深紅であることから【赤いビタミン】とも呼ばれています。
Deeper3Dの赤色はシアノコバラミンによるものです) このDeeperR3Dを使用して直接頭皮にビタミンB12を補給することでビタミンB12の不足を解決することが出来ます。

 

なお、その喫煙者のビタミンB12の不足を解決するDeeper 3Dはこちらになります。

 

↓そのDeeper 3Dはコチラ!↓