高齢、加齢による薄毛は、治らないのか?育毛はできないのか?

高齢、加齢による頭髪への影響は、髪の毛が生えなくなることです。ここで、よく勘違いしやすいのですが、年を取ることで髪の毛が抜けやすくなり、薄毛になるという誤った考え方です。薄毛、抜け毛は、日本人の場合、次の3つの原因で薄毛、抜け毛になると言われています。

 

  • 男性ホルモンDHTによる毛母細胞の衰退
  • マラセチア真菌の増殖による頭皮の炎症と毛根の根腐れ
  • 不飽和脂肪酸等、栄養の不足による髪の成長不全

 

だから、高齢、加齢による薄毛、抜け毛は、髪の毛が生えないことによるもので、髪の毛が抜けることによるものではないのです。そもそも、年を取ってくると、いろいろな部分で老化が始まると言われていますよね。髪の毛も同様です。老化とは、細胞の働きが衰えることですが、これは、つまり、体内の成長因子(グロースファクター)が減少することにより、引き起こされます。この成長因子は、一般的に20歳をピークに時間の経過とともに、減少していきます。

 

詳しく言うと、頭髪が生えない原因は、バルジ領域の老化にあると言われています。このバルジ領域とは、頭髪の種となる、毛母細胞を生み出す部分です。この部位が老化現象によって衰えてくると、毛母細胞が生まれなくなるため、髪の毛が生えてこなくなります。この老化は、必ず、誰にでも訪れる現象ですが、個人差があります。

 

ここで、このバルジ領域に成長因子を与えることができたら、バルジ領域の毛母細胞の生成力を高めることが可能となります。そこで、成長因子を配合した発毛・育毛剤がこちらにあります。それは、「Deeper 3D」というものです。このDeeper 3Dとは、発毛率が95%のハーグ法といった最先端の毛髪の再生医療で使われており、最新の成分である「成長因子(グロースファクター)」を配合した発毛・育毛剤になります。

 

だから、頭髪が生えてこない原因が高齢、加齢によるものであっても、この「Deeper 3D」なら対応することが可能です。なお、その高齢、加齢に対応できる発毛・育毛剤の「Deeper 3D」はこちらにあります。

 

↓そのDeeper 3Dはコチラ!↓