モンゴロイド3大伝承成分についての詳しい説明はコチラ

Deeper 3Dの開発は、髪と頭皮に起こる様々なトラブルの根本原因の分析から始まりました。そして、髪と頭皮を健康に保つための成分を徹底的に研究しました。日々研究を進めるうちに成分だけでなく、毛髪の悩みが少ない人種を探し出し、その人種の生活体系を調べることにより、健康な髪を手に入れるための大きなヒントを見出したのです。

 

そして、研究の末にたどり着いたのは、モンゴル人とアメリカ原住民のインディアンです。日本人と同じ祖先を持つ、モンゴル人やインディアンは太くて、黒々とした髪の持ち主が多く、 薄毛で悩む人がほとんどないことが分かりました。

 

モンゴル人やインディアンの豊かな髪の秘密

彼らが実際に古来より、先髪のときに、イラクサ根・葉、ユッカ根、ウミクロウメモドキ油(シーバックソーン/サジー)を使っていることがわかりました。

 

モンゴロイド伝承成分1:イラクサエキス

  • モンゴル人の黒くフサフサな髪の秘密。それはモンゴルに自生するイラクサにありました。彼らは日常的にイラクサの葉や根をすり潰したもので洗髪していたのです。
  • モンゴルに自生するイラクサは、豊富なアミノ酸、ミネラル、 ビタミン類を含み、毛根を健やかにして髪に栄養を与え、細く弱った髪に力強く働きかける
  • 血行促進、抗炎症作用、消臭、白髪の抑制にも期待されている注目成分
  • イラクサは第二次世界大戦中、フランスの医師 Dr.ダニエル・ロシュによって植物から開発した火傷の治療薬に発毛効果があった事が報告されています。(イラクサを使っての火傷治療上で見られた結果を示す物でありモンゴ流シリーズの効果効能を保証するものではありません)

 

モンゴロイド伝承成分2:ユッカ根エキス

  • アリゾナ砂漠など乾燥地帯に育つサボテンの根から抽出したエキス
  • 保湿力が高く、頭皮を潤いで保ち頭皮を健やかに維持する
  • 黒々とした髪を丈夫に長持ちさせ、「頭髪に永遠の魂が宿る」として、髪を大切にしてきたインディアンの間にも古くから伝わっている育毛伝承成分

 

モンゴロイド伝承成分3:ウミクロウメモドキ油(シーバックソーン/サジー)

  • モンゴル人とインディアンの二つのモンゴロイドをつなぐ共通した天然植物成分
  • 不飽和脂肪酸を初め、アミノ酸やビタミン類、抗酸化成分など、200種類以上の成分を含むため奇跡の果実とも呼ばれる
  • ダイエット食品やドリンクにも使用されるなど、栄養価が高いことが特徴
  • 2つの伝承植物成分に加え、二つのモンゴロイドが生活するモンゴル高原やアリゾナ砂漠に共通して生育する植物

 

↓そのDeeper 3Dはコチラ!↓