フィンジアのゲートアクセス理論、カプサイシンとはどんなものなのか?

フィンジアのゲートアクセス理論、カプサイシンに注目!

 

フィンジアが掲げる理論に「ゲートアクセス理論」というものがあります。通常、頭皮は、年齢とともに、固くなるので、良い成分を作っても、頭皮の奥まで届かない場合があります。そこで、辛いものを食べると頭から汗が吹き出す原理を応用して、頭皮に唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシン(※)を作用させることにより、頭皮の毛穴を開かせ、毛根の奥まで、成分をしっかり届かせる、これが「ゲートアクセス理論」です。

 

フィンジアのカプサイシン−ゲート理論

 

(※)カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。部分構造にバニリン由来のバニリル基を持つために、バニロイド類にも属す。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。

 

特に、このカプサイシンを配合しているのは、この「フィンジア」だけです。

 

フィンジアの比較

 

フィンジアの詳細ページはコチラ!

 

フィンジアの公式ホームページはコチラ!