AGA(男性型脱毛症)って何なのか?

男性ホルモンと脱毛

 

まず、人間の体の中に、男性ホルモンのTS(テストステロン)があります。これが還元酵素の5α-リダクターゼというものと化学反応を起こすと、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わります。これが、毛乳頭細胞を委縮させて脱毛を引き起こすと言われています。ここで、テストステロンとは、筋肉増大、骨格(特に肩幅、胸郭)の発達を促します。また、胎児期に男性生殖器の形成は、5αリダクターゼにより、代謝されたDHTによるものです。

 

DHTは、薄毛を促すほか、性欲減退を促す作用があるといわれていますので、性欲減退の自覚がある場合には、DHTが生成されている可能性もあります。男性ホルモンであるTSは、体には不可欠なものでありますが、胎児期以降の5α-リダクターゼの生成、及び、TSとの結びついてDHTへ変化することをいかに防ぐかが薄毛、抜毛には重要であると言えます。現在の薄毛・抜け毛の方の90%以上がAGAだと言われているからです。

 

なお、5αリダクターゼは「ごあるふぁりだくたーぜ」と読みます。

 

男性ホルモンのテストステロン(TS)が酵素である5αリダクターゼと反応すると、ジヒドロテストステロン(DHT)ができて、それが毛乳頭細胞を委縮させて、脱毛を引き起こす

 

電球ワンポイント

DHTの覚え方

ジヒドロテストステロンは、ジ・ヒドロ・テストステロンというように区切れます。ジは、ギリシャ語で2つの意味。ヒドロとは、同じくギリシャ語で水素を含むという意味です。よって、2つの水素を含むテストステロンと覚えれば、覚えやすくなります。

 

最後に、その5α-リダクターゼの生成、及び、TSとの結びついてDHTへ変化すること防ぐ発毛剤、育毛剤はこちらになります。