発毛剤、育毛剤の選び方はどうすればいいのか?

発毛剤、育毛剤は、「脱毛抑制、血行促進、毛母細胞活性、栄養補給」の4点から選ぶ

発毛、育毛、薄毛、抜け毛、脱毛対策においては、「脱毛抑制、血行促進、毛母細胞活性、栄養補給」の4点は欠かせない要素です。これは、AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼを抑制しないと、いくら生えても、抜け毛を減らすことはできず、また、もしも、血行が悪ければ、新鮮な酵素や栄養素が毛母細胞に運ばれない、栄養が不足すると、毛母細胞が栄養不足になるからです。したがって、発毛・育毛剤を選ぶときには、その発毛・育毛剤がどの部分を重視した商品なのかを知ることが大切です。

 

また、上記の4要素以外にも、例えば、頭皮が脂っぽい人には、頭皮の皮脂分泌抑制・除去成分がある発毛・育毛剤、髪や頭皮が乾燥しやすい方には、保湿作用のある成分の入った発毛・育毛剤がいいでしょう。いずれにしても、自分がどういう原因で薄毛、抜け毛、脱毛になっているのかを把握することが大切です。

 

発毛剤、育毛剤の機能の詳細

 

男性ホルモン抑制機能

男性型脱毛症(AGA)といわれる薄毛、脱毛は、男性ホルモンの1種であるTS(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素の働きによって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、このDHTが薄毛、抜毛に作用することによって起きます。そして、男性ホルモンを抑える機能の育毛剤は、このDHTへの変換を防ぐために5αリダクターゼの分泌を抑えます。

 

血行を促進する機能

健康な毛根、頭皮は、血液から運ばれる栄養によって作られます。しかし、何らかの原因によって、血行不良になると、十分な栄養が頭皮に運ばれなくなります。そのため、毛細血管を拡張することで血液の循環をよくして栄養を毛根、頭皮に行き渡らせるのがこの機能です。

 

毛母細胞を活性化する機能

髪の毛が作られる毛母細胞を活性化することによって、発毛を促進していく機能です。

 

栄養補給する機能

タンパク質、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンA、C、E、カプサイシン、イソフラボンなどの髪に必要な栄養を毛母細胞に直接補給させる機能です。

 

頭皮の皮脂分泌抑制・除去機能

皮脂の分泌の過剰により、毛穴がふさがることによって、抜け毛が生じたり、フケ、かゆみが多い方におすすめの機能です。

 

保湿作用機能

頭皮を保湿して乾燥を防ぐ保湿型です。

 

なお、自分がどういうタイプなのかわからない場合には、こちらにオールラウンド対応型の発毛剤、育毛剤があります。参考にしてくださいね。