脱毛抑制の内服薬であるプロペシアとその副作用

フィナステリドは脱毛抑制の内服薬

 

フィナステリドってどのような成分なのでしょうか?ここで、フィナステリドとは、成分名であり、次のような特徴をもった、男性型脱毛症(AGA)における脱毛抑制の内服薬になります。

 

  • もともとは、アメリカにおいて、1991年に前立腺肥大の薬として、フィナステリドの開発が始まった。1992年に前立腺肥大の治療薬としてプロスカーの商品名で認可された。
  • その後、男性型の脱毛症において毛髪の成長が見られることが明らかなり、1997年にフィナステリドが男性型脱毛症の治療薬として認可された。

  • 現在は、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、「プロスカー」、「プロペシア」の商品名で多くの国で発売されている。日本ではプロペシアのみが、米メルク社の日本法人であるMSD社(旧万有製薬)から発売されていたが、ジェネリックのフィナステリド錠がファイザーから発売された。同作用の薬に「デュタステリド(dutasteride, 商品名 アボルブ)」があるが、こちらはフィナステリドの作用しない1型5-α還元酵素をも阻害する上、2型5-α還元酵素もフィナステリドの3倍強く阻害するなど作用が強い。
  • 男性ホルモンのテストステロン(TS)をDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素リダクターゼを阻害する働きを持つ。

 

このように、フィナステリドは、日本でも、2005年から、万有製薬から医薬品(医師の処方箋が必要)として発売されましたが、ミノキシジルと比べて、その歴史はまだ浅いです。また、世界では、このフィナステリドは、プロペシアという商品名で販売されており、このプロペシアのジェネリック薬品が、「フィンペシア」、「フィナロ」という名前でインドなどで製造されています。

 

フィナステリドの副作用

しかし、このフィナステリドには、副作用があることがわかっています。その副作用とは、以下のようなものです。

 

  • 胃部不快感
  • 性欲減退
  • 肝機能障害

 

なお、このフィナステリドは、0.2 mg あるいは 1 mgを服用しますが、1日1mgを上限ととなっています。そして、服用は成人の男性に限られ、女性、未成年は服用できません。また、このフィナステリドは、外用薬のミノキシジルと合わせて、男性型脱毛症(AGA)の治療薬(医師の処方箋が必要)として使われていますが、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 金額:保険が効かない、毎月1万円〜2万円程度の出費になる。>
  • 副作用:重篤な副作用を引き起こす可能性があります。

 

最後に、副作用のない安全な発毛剤、育毛剤はこちらになります。

 

↓おすすめの発毛剤、育毛剤等はコチラ!↓

おすすめの発毛剤、育毛剤等はコチラ!