発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いって何なのか?

発毛剤は「毛のないところに毛を生やす」、育毛剤は「毛を成長させて保護し、脱毛予防する(強い効果)」、養毛剤は「毛髪を保護して脱毛予防する(弱い効果)」

 

まず、発毛剤とは、脱毛した毛穴から髪の毛を生えさせる効果があるものです。発毛剤は「毛のないところに毛を生やす」という強い効果があります。この発毛剤は、医薬品に分類されるものが多いです。ここで、医薬品とは、病気の治療や予防を目的とする効果を持つもので、厚生労働省により認定を受けたものに限られます。医薬品の中には医師しか処方できない医療用医薬品と、薬局でも販売できる一般用医薬品があり、一般用医薬品の中にも第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品があります。

 

これに対して、育毛剤とは、薬事法上の分類では、医薬部外品の分類になるものが多いです。ここで、医薬部外品とは、日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものであり、予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものを言います。具体的には、育毛剤は、今生えている髪の毛を太く丈夫に育てる効果があり、そのほか、血行促進や男性ホルモンの抑制、皮脂分泌の抑制、栄養補給などの効果があるものをいいます。ただ、育毛剤には、今現在毛が生えていない毛根を休止期から成長期にさせるだけで、再び毛を生やす効果はありません。今生えている髪の毛の成長を育み、抜け毛を防ぎ、その結果薄毛を防いだり、髪の毛を太くすることにより、髪の毛のボリュームアップになる増毛の効果があるものが育毛剤になります。また、医薬部外品ですので、副作用が現れる場合もあります。

 

それから、養毛剤ですが、薬事法上の分類では、化粧品の分類になるものが多いです。ここで、化粧品とは、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物」(薬機法第二条第三項)とされており、毛髪ケアを目的とした商品が当てはまります。体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどを言います。具体的には、養毛剤の効果は、主に頭皮の状態を整えて、抜け毛を予防したり、髪に栄養を与えてくれたり、、髪の成長サイクルを整えるなど、緩やかな作用があるだけです。ただ、薬事法上では、育毛剤は、育毛の緩やかな効果を認められていますが、養毛剤は、養毛の効果が認められていないものという位置づけです。

 

なお、こちらにあるのは、その発毛剤、育毛剤の効果ランキングです。使用した人の写真、感想などをもとに作成していますので、参考にしてくださいね。