ミノキシジルとその副作用ってどんなものなのか?

ミノキシジルは副作用のある発毛剤

 

ミノキシジルってたまに聞きますが、どのような成分なのでしょうか?ここで、ミノキシジルとは、以下のようなものです。

 

  • もともとは、アメリカにおいて、1960年代に、高血圧用の薬として、血管拡張剤として開発されたもの
  • 後に1980年代から、発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外では「Rogaine(ロゲイン)」の商品名で売られている
  • 日本では、1999年より一般用医薬品として大正製薬から「リアップRシリーズ」が市販されている

 

上記のように、日本国内においては、1999年よりミノキシジルを1%だけ配合したリアップが外用薬、塗布薬として商品化されました。そして、2005年には、リアップX5(男性用)として、ミノキシジルが5%に増量されました。しかし、本来のミノキシジルには、副作用があることがわかっています。

 

ミノキシジルの副作用

その副作用とは、以下のようなものです。よく聞く副作用としては、使用箇所のニキビ、かゆみの発生、多毛症、性的不能、重い低血圧と言われています。

 

  • 薬液の使用箇所におけるニキビの発生
  • 頭痛、意識朦朧
  • 多毛症
  • 性的不能
  • 重い低血圧
  • 不整脈、動悸
  • 皮膚の紅潮
  • 霞み目
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 性欲減退
  • 胸の痛み
  • 急速な体重増加
  • 下肢、手、足、顔のむくみ

 

なお、上述のリアップは、外用薬ですが、外用薬でも、1999年の発売当初から2003年までに循環器系の副作用が500例寄せられていることもわかっています。また、ミノキシジルを成分とした内服薬や「Loniten(ロニテン):内服型ミノキシジル」及びそのジェネリック医薬品は、個人輸入の形で入手する事が可能ですが、内服薬だけに、副作用に充分に気をつけなければいけません。できるなら、使用は控えたほうがいいでしょう。

 

(※)もともと、アメリカでは、ミノキシジルは、AGA治療向けの内服薬として開発が行われていましたが、イヌを使った動物実験の結果、心臓破裂で死亡した例があり、内服薬としての開発は中止されました。

 

なお、副作用のない、安全な発毛・育毛剤はこちらにあります。

 

↓おすすめの発毛剤、育毛剤等はコチラ!↓

おすすめの発毛剤、育毛剤等はコチラ!