発毛剤、育毛剤に関するいろいろな質問を集めてみました!

市販の発毛剤、育毛剤は効果があるのか?

市販されている発毛剤や育毛剤は、膨大な時間と費用をかけて開発されたものなので、ある程度は効果があると思いますが、ただ、あらゆる人を対象として、市販するには、いろいろな制約があります。そのため、効果がある成分を十分な濃度で製造することが難しい場合もあります。したがって、市販のすべての人向けに作られた商品を盲目的に購入するのではなく、自分の状況、症状にあた商品を選ぶことが大切になります。

 

AGAって何ですか?AGAの原因は?発毛剤、発毛剤は効きますか?

AGAとは、「Androgenic Alopecia」の略で、Androgenic:男性ホルモンの 、Alopecia:脱毛(症).という意味で、男性型脱毛症のことをいいます。これは、思春期以降に額の左右の生え際や頭のてっぺん、つむじ辺りの頭頂部のどちらか一方、もしくは、両方から薄くなってくる症状を言います、主に男性ホルモン、遺伝、生活習慣の乱れ、食生活の欧米化、、睡眠不足、ストレスから起こります。男性の9割がこのAGAによる薄毛、抜け毛です。これ以外の脱毛には、円形脱毛による一時的な脱毛、けがや事故による脱毛があります。

 

AGAの原因は、主に男性ホルモンです。男性ホルモンとは、正確には、テストステロン(TS)という物質なのですが、これは人間の体毛を濃くするという働きがあります。これが、思春期を過ぎると、頭皮の毛細細胞の中で、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わることがあります。このDHTは、TSの何十倍の強さがあり、これが、毛根に作用すると、毛乳頭が委縮してしまし、その結果、毛が抜けてしまうことがわかってきました。だから、男性ホルモンが多い人に薄毛、抜け毛の人が多いということは間違いではないのです。そして、AGAは、何もしないでいると、進行していきます。5年でその3分の一がなくなるというデータがあります。だから、そうならないためにも、次のような発毛剤、育毛剤でそれを食い止めることが重要です。

 

 

医薬部外品って何なのか?

医薬部外品(いやくぶがいひん)とは、人間の体に対する影響や作用が医薬品に比べて、緩やかなもので、医薬品と化粧品の間に位置するものです。これは、薬事法によって定められています。そして、人間の体に改善効果をもたらすとして、厚生労働省によって、いわばお墨付きをもらって認められたものであります。

 

お酒やタバコは、髪に悪いの?

タバコは、ニコチンの作用により、頭皮の毛細血管が収縮します。そのため、毛髪の末梢血管の血の巡りが悪くなので、抜け毛が増えやすくなると言えます。そのほか、タバコを吸うことによって、タバコが体の中のビタミンやミネラルを奪ってしまうので、体の栄養がなくなりやすくなり、髪の毛にも栄養が出る可能性はあります。
しかし、お酒は、それほどわるいとは、言えません。でも、生活の不規則さから寝不足、飲みすぎから肝機能の低下になると、体への影響があるので、2次的に、髪への影響がないとはいえなくなります。

 

髪の毛にいい栄養とは?

髪の毛に必要な栄養には、

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビオチン(ビタミンH)
  • 葉酸
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • 必須アミノ酸

また、毛髪の原料は、タンパク質なので良質なタンパク質(肉、魚、大豆など)も摂りましょう。

 

髪の毛によい食べ物とは?

ここでは、2013年の9月にアメリカで発表された「Top 10 Foods for Healthy Hairs」のランキングをご紹介したいと思います。

1位 卵
2位 ナッツ
3位 牡蠣
4位 緑黄色の葉野菜
5位 鳥肉
6位 豆類
7位 鮭
8位 乳製品
9位 人参
10位 ホールグレイン(全粒穀物)