発毛、育毛等サプリ、サプリメントの人気ランキングでは、どんな商品があるのか?

発毛、育毛等サプリ、サプリメントの人気ランキング

 

ここでは、発毛、育毛等サプリの人気ランキングをご紹介します。なお、女性用の発毛、育毛等サプリ、サプリメントの人気ランキングは、女性用発毛、育毛等サプリのおすすめ人気ランキングをご覧ください。

 

GUNGUN(ぐんぐん)

  • コストパフォーマンスが抜群
  • 天然成分使用なので、副作用の心配なし
  • ノコギリヤシ、イソフラボン・カプサイシン、高麗人参、養殖昆布仮根エキス、コラーゲンペプチド、α−リボ酸、菊芋の厳選した7つの毛髪成分を配合
  • 満足度95.8%
  • 2015年モンドセレクション受賞
  • 女性でもOK

公式HPはこちら!

 

プランテルサプリ

  • M字を克服したユーザーからの支持率第1位(2015年4月調査)
  • 特濃「育てる成分」で毛活実感中の方が続出
  • 国産品質の亜鉛、ノコギリヤシなど7つの成分を特濃配合
  • 毛活実感率98%

公式HPはこちら!

 

ボストン

  • コラーゲンペプチド、イソフラボン、ノコギリヤシ、亜鉛の4大成分を配合
  • それ以外にも、ノコギリヤシエキス、フィッシュコラーゲンペプチド、亜鉛含有酵母 、 大豆抽出物(イソフラボン含有)、イチョウ葉抽出物、ケラチン加水分解物 、銀含有酵母、ヒハツエキス末、ミレットエキス末、フィーバーフューエキス末、コエンザイムQ10 、メチルサルフォニルメタン、酵素処理ヘスペリジン、L-シスチン、L-アルギニン、パントテン酸カルシウム、抽出ビタミンE、ビタミンB6、葉酸、L-リジン塩酸塩などが含まれています。
  • 満足度92.6%
  • 累計出荷本数150,000本

公式HPはこちら!

 

チャップアップ

チャップアップサプリ(ハゲない)

  • コギリヤシエキス、フィーバーフュー(ナツシロギク)、亜鉛酵母、 唐辛子 、イチョウヨウエキス 、L-シトルリン 、シャンピニオンエキス 、緑茶抽出物 、キダチアロエ 、ローズマリー 、ヒアルロン酸 、ヒスチジン 、L-プロリン 、フェニルアラニン 、マカ 、a-リポ酸 、ケイヒ 、グリーンオート乾燥エキスなどが含まれています。

公式HPはこちら!

 

 

その他、発毛、育毛等サプリのメリット、違い、選び方、ポイント、注意点について

 

発毛、育毛等サプリのメリット

 

薄毛・抜け毛に悩む人が、発毛剤や育毛剤を使う方法もありますが、内服薬であるサプリメントによって、その薄毛、抜け毛を改善する方法もあります。一般的に言って、外用薬よりも内服薬のほうが効果が高いと言われています。それは、体の中の血液にのって、体中に十分行き渡るためです。だから、外用薬には、副作用はあまり、聞かれませんが、内服薬では、副作用というのが効果があるだけに、狙いとする体の部位だけでなく、他の部分にも影響を与えるので、注意されています。

 

また、外用薬よりも内服薬のほうが、毎日、続けて使用しやすいという点もあります。なぜなら、内服薬は、水で飲むだけだからです。持ち運びも、錠剤なので、小さくて便利です。

 

発毛サプリと育毛サプリの違い

では、発毛サプリと育毛サプリですが、この2つには違いがあるのでしょうか。辞書を紐解くと、育毛とは、「しっかり丈夫な髪に育てること」、発毛とは、「脱毛状態から毛母細胞を活性化させて髪を増やすこと」となっています。だから、この辞書どおりに従えば、今、髪の毛が細くて、コシがなかったり、弱々しい場合には、育毛サプリを選び、はげ、薄毛で悩んでいる場合には、発毛サプリを選択するということになりそうです。

 

でも、実際には、実際の商品を見てみると、代表的な発毛・育毛サプリの中で、以下のような区分になっています。

 

  • 「ぐんぐん(GUNGUN)」」:毛髪成分配合サプリ
  • 「Growth Project BOSTON」:健康サプリ
  • 「チャップアップ(CHAPUP)」:育毛サプリ、ヘアサプリ
  • 「ダブルインパクト」:育毛サプリメント
  • 「ヘアフォーミュラ」:育毛サプリメント
  • 「メンズミレット」:育毛サプリ

 

しかし、実際の成分の働きを見ると、どの商品も、発毛も育毛も、両方を目指した商品になっていますが、薬事法との関係により健康サプリや育毛サプリなどの呼称を使っているだけなので、健康サプリ、発毛サプリ、育毛サプリという名称にこだわる必要はなさそうです。逆に言えば、健康サプリ、発毛サプリ、育毛サプリでもあなたが期待する薄毛や抜け毛の改善につながる商品は見つかります。

 

そこで、これ以降、当サイトでは、表記上の混乱を避けるため、「発毛サプリ」という括り、、ジャンル名に統一して表記したいと思います。

 

発毛、育毛等サプリの選び方、ポイント、注意点

ここで、もしも、発毛サプリを考えるならば、以下のことについての前提知識や注意点を知っておいたほうがいいでしょう。

 

  • 薄毛・抜け毛治療でクリニックで使う発毛に関する治療内服薬
  • その治療内服薬の副作用
  • 治療内服薬の個人輸入の危険性
  • 発毛サプリには、男性向けのものと女性向けのものがあること

 

現在のクリニックでの薄毛、抜け毛の治療には、ほとんどがフィナステリドとミノキシジルが使われています。どちらも、保険の適用外であり、医者の処方箋なしには、使用することができません。(※)フィナステリドとミノキシジルの詳細については、後述します。

 

そして、どちらも副作用があり、フィナステリドは、重大な場合には、肝機能障害が起こる可能性があり、その他にも、性欲減退などが起こる可能性があります。また、ミノキシジルは、循環器疾患の重大な副作用が起こる可能性があり、その他にも、多毛症や重い低血圧症が起こる可能性があります。

 

それから、フィナステリドは、妊婦の女性、ミノキシジルは、母乳を与えている女性には禁忌となっています。

 

なお、先ほど、フィナステリド、ミノキシジルは、医師の処方箋が必要と書きましたが、自分の意思により、個人輸入で、海外から輸入して自己使用することは可能です。ただし、海外製の場合、劣悪な品質のものもありますので、それ相応の信頼できるところから輸入しないと、危険なものもありますので、おすすめはできません。

 

したがって、フィナステリド、ミノキシジルの副作用に十分納得し、また、フィナステリド、ミノキシジルを個人輸入する場合には、フィナステリド、ミノキシジルの扱いによほど慣れていて、その信頼できる入手できるところを知っている人でない限りは、発毛サプリを選択したほうが、無難です。それに、現在では、十分、発毛サプリで満足行く場合もありますので、薄毛、抜け毛、発毛・育毛に悩む人は、まずは、発毛サプリから始められることを是非おすすめします。

 

最後に、参考までに、こちらがおすすめの男性用、女性用の発毛・育毛等サプリになります。

 

 

<参考>フィナステリドとミノキシジルについて

フィナステリドとは、元は、前立腺肥大の薬でしたが、抜け毛を抑える効果があることがわかり、アメリカのメルク社の日本法人である、MSD社(旧萬有製薬)により「プロペシア」という商品名で製品化されました。海外では、プロスカーとも呼ばれています。最近では、ジェネリック薬品として、ファイザー製薬よりも製品化されています。

 

一方、ミノキシジルは、元は、血管拡張剤ということで、高血圧の方向けの薬品でした。その後、発毛効果があることがわかり、毛乳頭細胞、毛母細胞の活性化の働きをするらしいことがわかりました。海外では、Rogaine(ロゲイン)という商品名で販売されています。外用薬と内服薬の両方があり、日本では、一般商品「リアップ」の外用成分として使用されています。

 

フィナステリドとミノキシジルの両方の併用により、発毛効果を高めることができることがわかっており、現在の薄毛・AGA治療のクリニックでは、この2つの薬を基本にして治療が行われています。

 

タグ、キーワード

  • キーワード:発毛 サプリ
  • タグ:発毛 サプリ

 

【決定版】発毛等サプリのおすすめ人気ランキング|【写真で見る】発毛剤等の効果ランキング!記事一覧