コラーゲンの減少が加齢による薄毛に影響していた!

2016年2月5日に掲載された「加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明」という記事にあるとおり、年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、毛を生やす器官が縮小するためだということがわかりました。

 

東京医科歯科大学の西村栄美教授ら は、加齢にともなう毛の減少の仕組みをマウス実験で解明し、人間でも同じような現象が確認できたそうです。コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し出せば、毛が薄くな ることを防ぐことも期待できるようです。

 

具体的には、毛を生やすのは「毛包」という器官ですが、この毛包がうまく働かないと、脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっています。そこで、研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる現象に着目し、マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲ ン」を分解する酵素が多く出るようになっていたことを発見し、この17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めたそうです。

 

そして、人の頭皮でも50〜70代の毛包は20〜30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていたそうです。このことは、研究チームによると、マウスと同様の仕組みが働いていると考えられるとしています。

 

なお、この研究成果は、米科学誌サイエンスに5日掲載されます。

 

よって、コラーゲンを体にと入りれることも薄毛にはいい影響があると言えそうです。

 

そこで、数ある発毛・育毛サプリの中でも、コラーゲン・ペプチドを取り入れた「GUNGUN(ぐんぐん)」はおすすめではないかと思います。

 

(※)コラーゲンを食べやすいように小さく分解したものがコラーゲンペプチドになります。

 

↓その1日3粒飲むだけの、育毛サプリメント「ぐんぐん」はコチラ!↓

育毛サプリメント「ぐんぐん」

 

関連記事


こちらの記事もあわせてどうぞ。