発毛・育毛、抜け毛・薄毛に良いとされる成分は何なのか?

健康食品、サプリメントに関しては、以下のような60種類の」機能性原料があります。この機能性原料をはじめとして、「発毛・育毛、抜け毛・薄毛対策」によいとされる成分がありますので、いくつかご紹介したいと思います。

 

【60 種類の機能性原料(成分・素材)】

 

「ビタミンB群」 「ビタミンC」 「ビタミンD」 ●「ビタミンE」 「マルチビタミン」 ●「亜鉛」 「マルチミネラル」 「クロレラ」 「ローヤルゼリー」 「アロエ」 「青汁」 「ノニ」 「シトルリン」 「スピルリナ」 「お酢」 「α −リポ酸」 「スッポン」 「マカ」 「牡蠣」 「ニンニク」 「プロポリス」 「ザクロ」 「大豆イソフラボン」 「イチョウ葉」 「しょうが・ジンジャー」 「コエンザイムQ10」 「アスタキサンチン」 「DNA・RNAV核酸(」 「レスベラトロール」 「コラーゲン」 「セラミド」 「ヒアルロン酸」 「プラセンタ」 「ガルシニア」「ギムネマ」 「L−カルニチン」 「ゴマ・セサミン」 「DHA・EPAVオメガ3(」 「アガリクス」 ●「アミノ酸」 「オルニチン」 「スクワレン」 「乳酸菌・ビフィズス菌」 「ケフィア」 「バラ・ローズ」 「ブルーベリー・ビルベリー」 「グルコサミン・コンドロイチン」「葉酸」 「桑の葉」 「プロテイン」 「カルシウム」 「鉄」 「ウコン」 「フォースコリーVフォースリーン(」 「ルテインVマリーゴールド(」 「ビール酵母」 「酵素」 「ラクトフェリン」 「ポリフェノール」 「食物繊維・ファイバー」

 

髪の95%以上を構成するタンパク質やアミノ酸

 

髪の毛は95%以上がタンパク質で構成され、そのタンパク質はアミノ酸の集合体です。そして、髪の主成分であるタンパク質は「ケラチン」と呼ばれます。その「ケラチン」に最も多く含まれるアミノ酸は「シスチン」という成分です。

 

髪や筋肉の成長にも重要な成長ホルモンの分泌を高めると言われる成分

 

髪や筋肉の成長にも重要な成長ホルモンの分泌を高めると言われる成分には、「α-GPC」「シトルリン」「アルギニン」「オルニチン」などがあります。また、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させ、毛髪の成長を阻害し脱毛へと繋がる「5α‐リダクターゼ」を抑制することに着目されている成分が「ノコギリヤシ種子エキス」「スターフルーツ葉エキス」「ドクダミエキス」などになります。

 

髪の成長に必要な亜鉛、ビタミンE、セレン

 

私たちのからだは、ミネラルが不足すると様々な危険信号を発します。その1 つが脱毛です。そして、髪に必要とされる代表的なミネラルが亜鉛、ビタミンE、セレンです。また、髪には体内に取り込まれた有害物質を体外に排出するデトックスの役割があります。こうした機能を維持していくためにも、亜鉛、ビタミンE、セレンが必要です。

 

パルテノライドに発毛効果?

 

夏白菊(フィーバーフュー)に含まれる有効成分のパルテノライドの効果を調べている過程で、薄毛の男性に相次いで発毛効果が見られたということが報告され、一躍注目の的となりました。この発毛効果がどのような仕組みでもたらされているのかは未だ解明されていないようですが、数十人への調査を行った結果、高い割合で発毛の効果を確認することができたようです。

 

その他

 

そのほかにも髪に良いとされる成分は、以下のようなものが上げられています。

 

カゴメ昆布フコイダン、ボタンボウフウ、アスタキサンチン、ノコギリヤシ、DHA、EPA,乳酸菌

 

関連記事


こちらの記事もあわせてどうぞ。