頭頂部、つむじの薄毛向け発毛・育毛剤では、どれがいいのか?

日本人の薄毛の症状で一番多いのが頭頂部ですが、 欧米では前頭部、M字型が一般的に多い傾向があります。頭頂部の薄毛は、早い人では、20、30代から薄くなってきますね。普段は、わからないので、人から言われて初めて気づいたという人も少なくありません。だから、人から教えてもらうときには、すでに薄毛が進行していて、つむじのまわりの地肌が見えるくらいになっている人も多いですね。

 

そして、その頭頂部の薄毛ですが、生活習慣や、頭皮の血行不良、毛母細胞の栄養不足から起こることが多いことがわかっています。これは、不摂生な生活や運動不足などで全身の血行が悪くなり、毛を作る毛母細胞にまで栄養が十分に行き渡らなくなることで健康な毛が生えてこなくなり、生えてきてもすぐに抜けてしまうということです。

 

そこで、おすすめなのが、こちらの「Deeper 3D」です。この「Deeper 3D」は、発毛率が95%のハーグ法といった最先端の毛髪の再生医療で使われており、最新の成分である「成長因子(グロースファクター)」を配合するとともに、ビオカニンAという男性脱毛症の原因である5αリダクターゼを強力に阻害する働きがある「キャピシル」を配合した発毛・育毛剤です。なお、このキャピシルは、副作用なしで、ミノキシジルの3倍の効果があります。だから、この「Deeper 3D」なら、発毛・育毛に必須の4要素(毛母細胞への発毛促進、AGAなどの脱毛対策、血行促進、栄養補給)のすべてをカバーできます。

 

分岐矢印

 

その最先端の毛髪の再生医療の成長因子(グロースファクター)、副作用なし、ミノキシジルの3倍の効果を持つキャピシルを配合した「Deeper 3D」の詳細解説ページはコチラ!

当サイト内の詳細解説ページへ

スカルプケアに大革命を起こすと言われる、スカルプエッセンスの「Deeper 3D」の公式ホームページはコチラ!

直接公式ホームページへ

 

関連記事


こちらの記事もあわせてどうぞ。